創業・経営革新の支援

創業・経営革新の支援

<経営革新の支援>

今、なぜ『経営革新』か

1.「老舗は不断の革新から生まれる」

長い間を生き抜いてきた企業は、その時その時の時勢にあわせ、自らを変えていきました。どのような商品であれサービスであれ、永遠に続いて利益を上げられるものはありません。消費者のニーズが変化したり、飽きられたり、競合他社が参入したり、様々な要因から、何もしなければ商品の粗利益率は低下傾向にあるというのが一つの法則として考えられます。

2.イノベーション(革新)こそ経済発展の原動力

10年で50%超の企業が滅亡していくと言われます。企業が永遠の命を保つためには、自らの存在意義を明確にし、時流を理解し、自らを主体的に変化させることしかありません。いついかなる時代でも社会に有用な価値を提供し続ける企業は頼られ、周りが支持します。したがって、存続できるのです。
この意味でも経営革新は経営者の責務であり、特にこの経済環境を打破し、更なる成長軌道に乗せるためには「経営革新」を断行することしかありえないのです。

3.「才覚」(経営革新)「始末」(業績管理)の両方が大事

江戸時代に大を成したある商家では、その秘訣は「才覚」と「始末」であり、その両方が大切であると説いています。現代流に言えば、「才覚」とは、独自のアイディアを生み出し、積極的に挑戦する気概であり、まさに「経営革新」そのものといっても過言ではありません。これに対して、「始末」とは実現した売上高とそれに対する費用を適切にコントロールして、利益や資金として実現させるための仕組み、すなわち、「業績管理」です。企業を革新していくには、まず、第一に経営者の夢、情熱、アイディアなどが不可欠ですが、それを支える業績管理システムもまた不可欠。またこれは、税理士法人 タックス・イバラキの得意分野でもあります。

(以上、「TKC会計人による経営革新マニュアル」より一部抜粋)

やる気のある中小企業を支援します

1.中小企業新事業活動促進法の承認を受けます。

中期(3~5年)経営計画をつくり、経営革新に取り組み年率平均3%付加価値向上、及び、年率平均1%経常利益向上を目指す。

※ご心配は、いりません。計画の作成は、当事務所の経営革新アドバイザーが支援します。

2.国等の支援策は、各種助成金等いろいろあります

※詳しくは、県商工労働部のホームページ又は、当会計事務所の経営革新アドバイザーに、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ
経営アドバイス・コーナー
継続MASシステム
戦略財務情報システム FX2
書面添付制度
FX4クラウドのご紹介
東日本大震災に関する国などの復興支援策

税理士法人
タックス・イバラキは
TKC全国会会員です


TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
関東信越税理士会所属