未来会計(経営計画策定)を支援します

未来会計とは、経営者が会社の将来を考えることから始まります。

また、考えた将来は、実行に移さなければ意味がありません。
すぐにできることもあれば、長い期間をかけて少しづつ積み上げていくものもあります。
そして、経営者の行動の結果は、すべて会計数値として現れます。
だから管理ができるのです。

税理士法人タックス・イバラキは、経営者をサポートします。

  1. 何もしなければ3年後にどうなるかを可視化します(現状分析)。
  2. 経営者のビジョン(夢)を形にします(中長期経営計画策定支援)。
  3. 具体的な行動を担保するため、来年の予算を数値化します(次年度経営計画策定支援)。
  4. 月次決算を行い、予算と実績を確認できるようにします(予算実績対比)。

これらは、大企業では当たり前のように実施しています。
しかし、中小企業にはできないのでしょうか?
できない理由があるとすれば、中小企業には、これらを行うスタッフがいないことです。
経営者にやる気があり、これらの業務に精通したスタッフがいれば、必ずできます。

税理士法人タックス・イバラキは、貴社のスタッフとなり経営者をサポートします。
なお、税理士法人タックス・イバラキは、これらの業務を通常業務の一部と捉えているので、月次顧問料の範囲で対応しています。

1.現状分析します

過去3年間の決算書を参考に、このまま行くと3年後にどのような業績になるかシミュレーションします。
これにより、経営者に気付きを与えます。(自社の課題の整理)

2.経営者のビジョン(夢)を形にします(中長期経営計画策定支援)

経営者と一緒に将来3年から5年の経営計画を作成します。

この計画の作成を通して、将来のビジョンを考える場を提供します。

3.来年の予算を数値化します(次年度経営計画策定支援)

計画を実行に移すために、経営者と一緒に次年度の予算を作成します。

そして、進捗を確認できるようにTKC戦略経営者支援システム(FXシリーズ)に登録します。

4.予算・実績管理

毎月、貴社を訪問し、月次決算を行います。
そして、経営者が結果(会計数値)を確認できるように親切に説明します。