創業・開業を支援します

創業・開業(以下、創業といいます)するのが夢だった、自分の知識やキャリアを活かしたい、収入を増やしたいなど、創業を目指す理由は様々ですが、実際に創業するとなると、家族に理解してもらう、創業のための事前準備を行う、官公庁等への届出を行うなど、いろいろと行うべきことがあります。

また、実際に事業が始まると、得意先の開拓や固定客作り、資金繰り対応を行う必要があります。
「備えあれば憂いなし」といわれるように可能な限り準備を行ってから創業することをお勧めします。

税理士法人タックス・イバラキでは、創業支援を重視しています。
創業する方が地域の経済に良い影響を与えれば、地域活性化につながると考えるからです。

会社設立

会社を設立するに当っては、いろいろな手続きが必要となります。

発起人の選定、定款の作成、会社の登記、税務署への届出、社会保険関係の手続き、業種によっては官公庁への届出等多くの手続きが必要になります。

税理士法人タックス・イバラキのスタッフが必要な手続きのご相談に応じます。
また、各種専門家の対応が必要な場合は、税理士法人タックス・イバラキの専門家ネットワークを活用し専門家と連携します。

公的支援のご紹介

国や茨城県では、様々な創業支援を行っています。

公的支援を受けることが可能な場合もありますで、創業の内容に応じて情報提供を行います。

  1. 国(中小企業庁の創業・ベンチャー支援)
  2. 茨城県の創業支援融資

創業計画の策定

事業は自分の思い描いた成長の道すじに沿って進めていくことが大切です。
そのため、成功に導くためのシナリオ「創業計画」をきちんと立てる必要があります。
税理士法人タックス・イバラキでは、次のような視点から創業計画の作成をサポートします。

  1. 創業するための設備と必要資金は?
  2. 事業の強みは?
  3. 誰に、何を、どれだけ売るか?
  4. どこから、何を、どれだけ仕入れるか?
  5. どんな人を何人採用するか?
  6. 経費はいくらかかるか?
  7. 経理体制は?
  8. その他

創業者の心配事の相談に乗ります

創業するに当っては、会社の設立、公的支援、創業計画の策定以外にも心配なことが生じるものです。
内容にもよりますが、税理士法人タックス・イバラキでアドバイスできることがありますので、何なりとご相談ください。